トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

中古住宅の履歴書で節税?

  • 2007年08月27日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の履歴書を作ることで、固定資産税、登録免許税、不動産取得税が軽減されるようになるそうです。

日本は中古住宅の流通市場が整っておらず、日本の住宅は短命なのです。

建設廃棄物のうち約2割が住宅関連だそうで、もったいない話です。

さてこの制度が始まると、不動産投資家にとってどのような影響があるでしょう?

まず“物件の管理”が今までよりも非常に重要な項目となるでしょう。

物件の管理をしっかりと行うことが節税につながるのです。

また物件の購入時も“利回り”に加えて“管理”がしっかりされているかがポイントとなるでしょう。

固定資産税が軽減されれば、その分インカムのキャッシュフローは多くなります。

登録免許税や不動産取得税が軽減されれば、初期費用が抑えられ、投資回収率が上がります。

管理は住宅メーカーが想定されていますので、管理だけを請け負う小さい管理会社は、今後は建築の知識も含めた全体的な管理ができないと厳しくなるかもしれません。

今、物件を持っている方も、修繕や管理の履歴を残しておくことが、将来の節税につながる可能性が高いのです。

そして物件を売却するときにも、物件の履歴書が付加価値となります。

備えあれば憂いなしです!

プチ講演をやります!

  • 2007年08月20日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収益不動産専門の税理士 叶(カナエ)です。

近頃、株価下がりまくってますねー。

それも世界的に。

このような状況になると不動産投資は安定しているなぁと思います。

しかも株価が下がれば、日銀も利上げを慎重にならざるを得ないので、変動金利で融資を受けている場合は、金利の上昇が遅れる可能性もあります。

そうなればキャッシュフローは少なからず良い影響が出ます。

このような状況になって、改めて不動産投資の魅力を感じました。

さて、9月に私の大学のビジネスコミュニティー「WEB甲南」の主催でFPの溝本さんと一緒にプチ講演をやります。

タイトルは、

テーマ1 「ここだけのFP裏話」 溝本氏

テーマ2 1億の借金と不動産を持つ税理士が教える
      「不動産投資でキャッシュフローを向上させる節税術」 私

各45分のプチ講演ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください!

申し込み人数は限定30名ですのでお早めに。

お役に立てたら、人気blogランキングへ

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾
このページのトップへ戻る