トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

初めての東京セミナー!

  • 2009年04月29日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやく資料が出来上がりました!

来週の5月9日(土)は、

初めて東京でセミナーをします!

先日お会いさせていただいた、

大家さん学びの会

水澤健一さんとお会いした時に、

「是非、学びの会でセミナーを!」

と言っていただけ、

セミナー開催が決定しました。

セミナーのタイトルは、

「税理士叶温の不動産投資でお金を残す税金塾Vol.6&Vol.7 in 大家さん学びの会」

です。

セミナーは2部構成で、

Vol.6

「整理が出来ない人必見!誰でも出来る!不動産投資家の為の簿記を使わない記帳法」

Vol.7

「お金はいくら残った?超簡単!エクセルで作る不動産投資キャッシュフロー表の作り方」

です。

関東在住の方はぜひ!

と言いたいところなのですが、

30名の定員で、参加費10,500円にも関わらず、

既に大家さん学びの会の会員さんで、

申込受付後1週間で満席になってしまったようです。

現在、キャンセル待ち状態ですので、

参加ご希望の方は、

大家さん学びの会の事務局へお申し込みくださいね。

法人成りの注意点

  • 2009年04月28日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は僕も、

最近、親の個人事業を法人成りしました。


法人成りとは、

会社を作って、個人事業を法人に移すことですが、

この時の税務上の処理って結構ややこしいんです。

法人成りするときには普通は、

個人が所有していた資産や負債を引き継ぐのですが、

この時の税金は、引き継いだ資産の種類に応じて違うのです。


まず、引き継いだ資産のうち

建物や土地、車や什器については

「譲渡所得」になります。


でも、卸売業や小売業なんかにある商品は、

「事業所得」になるんです。


賃貸不動産の場合は、

通常、「商品」はないので、

ほぼすべてが「譲渡所得」になりますね。


そして注意しないといけないのは、

その引継いだ金額が「適正な価額」かどうかです。

その金額がもし時価の2分の1に満たないときは

時価によって譲渡があったものとして計算されてしまいます。

まあ、この「時価」というのも難しい問題ですが、

こういう場合は、不動産鑑定士さんにお願いしたりして、

この「時価」を算定しますので、

あまりに低い金額を勝手につけて

法人成りしないようにしてくださいね。

第4回 関西不動産投資交流会

  • 2009年04月22日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜日は、

4回目を迎えた、

関西不動産投資交流会でした。

投資家の方と業者の方が

半々ぐらいの割合でしたが、

4回目となると、参加者同士

ほぼ一度会話をしたことがあるケースが多くなってきて、

とてもいい雰囲気になってきています。

特に1回目は、皆さんかなり緊張気味でしたので。

今回は女性の参加者も2名いらっしゃって、

不動産話で盛り上がっていました。

今回2回目となるお土産マジックもありーので

あっという間の2時間でした。

この交流会とは別の場で、

参加者同士で飲みに行ったり、

アドバイスをしたり、

参加業者さんにお仕事をお願いしたりと

いい形で交流もできているようで、

僕としても嬉しい限りです。

この輪が少しづつでも広がっていくように、

これからも続けていこうと思っています。

物件ごとのキャッシュフロー

  • 2009年04月17日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件を融資を受けて購入すると、

借入金の返済減価償却があるので、

申告の利益と実際に残るお金は違ってきます。


それは、

〈 利益=収入-(減価償却費+利息+その他の経費)〉

で、実際に残る税引前のお金は、

〈実際に残る税引前のお金=収入-(返済元金+利息+その他の経費)〉


違うのは減価償却と返済元金の部分です。


ここまではちょっと勉強した方なら、

「わかってるよ」

という声が聞こえてきそうですね。


では、物件ごとのキャッシュフローはどうでしょう?

物件が1つならわかりやすいですが、

2つ、3つとなってくると、

どの物件がどれだけ稼いでくれているのか

だんだんわからなくなってきますよね。


ですのでうちのお客さんには、

物件ごとにどれだけ稼いでくれているのか?

というキャッシュフロー表をお渡ししています。


これは結構喜ばれます。

これを見れば、どの物件が力があるのかが一目瞭然です!

そしてどこを改善するべきなのかも見えてきます。


エクセルの知識があれば、

作成できるので、

興味のある方は一度作成してみてはいかがでしょう?

本当に信じていいのか?

  • 2009年04月14日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税金っていうと、思い浮かぶのは、

確定申告」だと思います。


この確定申告は、

ご自身が税金の計算して申告する方法ですが、

その反対に勝手に掛けられている税金もあります。


不動産の分野でいうと、

登録免許税とか不動産取得税ですね。


このような税金を、

賦課課税」といいます。

そしてこの賦課課税方式の代表格が、

固定資産税」。

市町村が独自の基準で計算して

税額が決まります。


でもこの固定資産税

本当に信じていいのでしょうか?


人間誰しも間違いはあります。

僕だってありますし、

市町村にお勤めの公務員の方も

当然、間違えることはあるわけで・・・。


と、いうことはもしかしたら

固定資産税の評価額が間違えている可能性もあるわけです。

そして僕たちがそれをチェックできるように、

固定資産税には、「縦覧期間」というものがあります。


そしてこの期間がちょうど今、

4月1日(水)から4月30日(木)までなんです。

この間であれば自分の持っている不動産の評価額が適正かどうかを、

他人の土地・家屋の評価額と比較できるんです!

しかも手数料は無料


本当に信じることができない方は、

この期間がチェックのチャンスですよ。

一緒に働きませんか?

  • 2009年04月10日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、うちの事務所では6月後半から

一緒に働いてくれるパートさんを募集中です!

仕事の内容は、

・一般事務

・経理事務

・併設するそろばん教室の事務

・顧問先の帳簿入力

・パソコンへの各種データ入力

・電話、来客対応

などなど。

どんな方と一緒に働きたいかといいますと、

「素直」で、

「数字が好き」で、

「理念を共有できる人」

です。

で、うちの理念は何かといいますと、

一言で言えば「成長」です。

生徒やお客さんの成長、

そのために事業も成長し、

そしてそのために従業員も成長することです。

ですので常に成長していきたい方と

一緒に働きたいと思っています。

プラス、パソコンが得意で、処理が速くて、

色んな改善提案ができる人で、

長く勤めてくれる方あれば最高!

ですが、やっぱり最優先は、

「素直」

な人ですね。

「一緒に働きたい」と

思った方は求人ページをご覧ください。

ご応募お待ちしています!

税理士の選び方

  • 2009年04月02日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは税理士さんと顧問契約していますか?

もし顧問契約しているとすれば、

税理士さんは、事前にシミュレーションして

納税額を教えてくれていますか?

いきなり納税額を知らさせるとビックリしますよね。

数万円ならまだいいですが、

10万円を超えるとなおさらです。

でも意外と納税額を事前に

知らされていない方が多いようです。


でももっと重要なのは

「事前にシミュレーションして」

の部分です。


例えば個人の場合、12月が決算となるわけですが

10月ぐらいになればある程度

今年どれぐらいの利益が出るのかわかります。

それを聞いて思ったよりも利益が出そうであれば、

「修繕を早めにしようか」とか

「備品を購入しようか」とか

考えることができます。

そうすれば税金をある程度

コントロールすることができるわけです。


これが税理士と顧問契約する

大きなメリットの一つだと思います。


過去の数字についてはどんな税理士さんでも

「整理」することができますが、

未来の数字について、皆さんと一緒に

「作っていく」税理士さんなら、

信頼関係も厚くなってくると思います。


税理士さんを選ぶときは、

この点にもポイントを置いてみてくださいね。

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る