トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

【無料】子供の幸せを願う方の贈与支援セミナー

  • 2009年06月30日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は僕が所属している

LLP タックス・プリンシプル・ジャパン(通称TPJ)

の無料セミナー情報をお知らせします。

TPJは若手の税理士4名、司法書士、不動産鑑定士、社労士、行政書士の

合計8名で組織している組合です。

4名の税理士もそれぞれ得意分野が違います。

そしてこのTPJが大阪で無料セミナーを開催します。

セミナーは「お子様の幸せを願う方対象の贈与支援セミナー」。

「大切な財産を子ども達に少しでも多く残してやりたい!」
「子育てで大変な息子や娘へマイホーム資金を援助してやりたい!」

それが親心というものですよね。

「でも下手に援助すると税金がかかるのでは?」
「贈与すると税金ってどれぐらいかかるの?」
「贈与しやすくなったってホント!?」

そんな素朴な疑問から、

誤った贈与をした場合などの失敗事例を参考に

正しい贈与とは何かをリーダーの前田税理士と

僕の大学の先輩でもある二宮司法書士が楽しく教えてくれます。

さらに個別無料相談会もありますので、是非ご参加くださいね。

 ⇒ http://www.senryakuzouyo.net/

税務調査セミナー終了!

  • 2009年06月29日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27日の土曜日は5か月ぶりの神戸でのセミナーでした。

今回のテーマは「税務調査」。

僕の90分のセミナーの後は、

元女性国税調査官、飯田真弓先生との

初めての対談形式でのセミナーでした。

クイズ形式で賞品あり、笑いありのセミナーで

参加者の皆様には喜んでもらえたようです。

それでは参加された皆様の声をご覧ください。

「実体験に基づいた現場の話を聞けて参考になった。」

「理解できていない項目が多く、為になった。」

「クイズ形式のセミナーで楽しく参加することができました。あらためて税金にことを、勉強しないといけないと思いました。」

「まだ不動産物件を持っていなくて、サラリーマンなのですが、将来税務調査がきても、きちんと対応ができると確信できました。」

「〇〇制度等、知らなかったことがたくさんあり、大変参考になった。」

「税務調査官への『NGワード』等、参考になる話がたくさんありました。」

「クイズ形式でやってもらって大変楽しかったです。」

「ディープな話をありがとうございます。対談形式がよかったです。」

「税務調査の基本、調査とは何かといった制度的なものがよく分かりました。」

「税務調査を恐がる対象ではなく、実体験に基づく対応法や取るべきスタンスがよく分かりました。」

「分かりやすい説明で『税務調査の基本』がよく分かった。話を聞いていて誠実で信頼できる方だと思いました。」

「対談形式は内容がより具体的に分かって良かった。なごやかなフンイキで聞きとりやすかった。」

「具体的な話が聞けて良かった。〇〇項目を細かく分ける事が参考になった。」

「具体的でわかりやすかったです。質問数をもっと増やしてほしいです。」

「税務調査官の考え方がわかったので、よかったです。もっと具体的なエピソードがはいっていれば、もっとよかったです。〇〇が全てということが、再確認できました。」

「受講者参加型のクイズ形式のセミナーで、税務調査について、すごく分かりやすかったです。次回もわかりやすいセミナーをお願いします。」

「税務調査に対して勝手な解をしていた部分が多々ありました。もっと意識をもって勉強していきたいと思います。」

参加された皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました!!

このセミナーは税金塾の会員さんにはDVDで

8月号、9月号でお届けする予定ですので楽しみにしていてくださいね。

税務調査官が気合いを入れるとき

  • 2009年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと考え見てください。

もしあなたが営業マンだったら、ノルマや評価って気になりますよね。

そして評価の対象となる時期があれば、その時こそ気合いを入れて頑張ると思います。

僕ももともと広告代理店の営業マンでしたから、ノルマも評価もありましたのでよくわかります。


そして税務調査官にも、ノルマとまではいきませんが、ノルマ的なものがあります。

そして評価の対象となる時期もあるのです。


実は6月に調査にくる調査官は、あまり気合いが入っていない場合が多いのです。

それは税務署の異動は7月にあり、6月の成績は、この7月の異動には関係ないからです。


もちろん、その後の評価の対象となりますし、

調査官の性格にもよりますので、一概には言えませんが・・・。


そして7月の異動が終わって、一段落する秋口。

9月~12月の調査というのは、来年の異動の評価の対象となるので、

調査官も気合いが入っているのです。


税務調査の入る時期を皆さんが選ぶことはできませんので、

「だからどうしろ」

ということではないのですが、

このような調査官の心理を覚えておくこともいいと思います。

あなたの通帳は見られている!

  • 2009年06月11日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし調査官があなたのところに税務調査に来たとき、

銀行通帳を調べられることがあります。

でももしあなたが他にも通帳を持っていたとしたら、

調査官に見せなければわからない、と思いますよね。


でもそんなことはないのです。

銀行は昔、元大蔵省の監督を受けていました。

そして国税局は元大蔵省内の組織で、銀行の監督官庁でもあったのです。


と、いうことは税務署は銀行に、あなたの通帳を見に行くことができるのです。

これを「銀行調査」といいます。


相手は百戦錬磨の調査官です。

素人が隠そうとしても、調査官はそんなことはお見通しです。

税務調査官が横柄な態度をとったら

  • 2009年06月09日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは税務調査を経験したことがありますか?

もしなくても、いつかは税務調査が入るかもしれません。

まだ物件を持っていなくても、

物件を持てば、税務調査が入る可能性はあります。

そして、もし調査に来た調査官が

横柄な態度の調査官だったら・・・。

そして素人のあなたに、

よくわからない専門用語でいろいろと指摘されたら・・・。

それだけで頭がパニックになるかもしれません。


しかし、横柄な態度の調査官に対応する術があるのです。

税務調査というのは建前上、

「納税者の適正な納税指導」

ということで、あなたの協力のもとに行われるものです。


そして国税庁が、国民の協力を得るために、

調査について基本的な考え方を発表しています。

それは「税務運営方針」というものです。


これには、

「納税者に対して親切な態度で接し、不便を掛けないように努める」

と書いてあるのです。


だから横柄な態度の調査官に対しては、

この「税務運営方針」に書かれてあることを説明すれば、

その横柄さはすぐに改める可能性が高いのです。

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る