トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

罪が重いのはどちら?

  • 2009年07月31日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「税務調査があった場合に罪が重いのはどちら?」

1、無申告の場合

2、不正をしている場合

1の無申告というのは、

申告すらしていない、という状態です。

2の不正をしている場合は、

申告はしているけれど、わざと税金を少なく申告している場合。


ぱっと考えると、1の無申告の場合の方が罪が重いと思いませんか?

僕はそう思いました。(笑)

だって、無申告ということは申告もせずに、

税金も払っていないわけですからね。

不正の場合は、赤字になると別ですが、

少しぐらいは税金を払っています。


でも2の不正をしている場合の方が罪は重いんですね。

無申告の場合は税額が50万円までなら

15%の「無申告加算税」という税金が余分にかかるのに対して

期限内に申告をしていて、不正をしている場合は

なんと増えた税金に対して「重加算税」という税金が35%も余分に取られます。

税務調査を極力少なくする方法

  • 2009年07月30日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税務調査と聞くと、ちょっとビビリますよね。

百戦錬磨の調査官があなたのもとにやってきて、

あなたの懐具合を念入りに調べます。

よくわからない難しい税金のことを色々と聞かれて

しかも処理が間違っていたら、

あなたの大切なお金は税金となって消えていきます。


でもこの税務調査を「極力」少なくする方法があるのです!

それは、「書面添付制度」というものを利用するのです。


この「書面添付制度」は、

税理士に申告をお願いしている人でなければ使えませんが、

あなたの申告書に書面を添付すると、

税務署は、まずあなたの税理士に意見を聞かなければいけないのです。

そして税理士との話で疑問点が解決すれば、

あなたのもとに税務調査が来る確率が少なくなります。


でもこの書面添付制度

税理士にとっては、ちゃんと信頼できる人で、

経理処理がしっかりとされている申告書でなければ、

なかなか付けることはできません。


ですからあなたと税理士との信頼関係が築かれていなければ

これを利用することは難しいのです。

やっぱり利回りは大事

  • 2009年07月03日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資で大事なものと言えば、

立地、建物の構造、築年数、間取りなどいろいろ思いつきますが、

やっぱり一番は「利回り」ですよね。

エレベーターがあって管理費が高くなりがちな物件でも

利回りがあればカバーすることができます。


そしてこの「利回り」が高ければ、

連動して物件からのキャッシュフローも高くなります。

今の不動産投資の主流は、

このキャッシュフローに置かれていますが、

この利回りは売却時にも影響します。


例えば10年前に表面利回り20%の1億円の物件を購入したとします。

10年前から不動産投資をしている方に聞くと、

当時は表面利回り20%という物件はざらにあったそうです。


そしてこの物件の賃料を維持できたとして

表面利回り10%で売却できれば、

なんと売値は2億円になります。


もちろん売却益に対して税金は掛りますが、

売却するときは利回りが低くなれば低くなるほど、

売値は高くなり、手残りのキャッシュは多くなります。


だからキャッシュフロー重視の投資も、

売却益重視の投資も、やっぱり利回りは大事なんですね。

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾
このページのトップへ戻る