トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

賃貸料はいつ計上すればいい?

  • 2010年11月24日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決算書の用意ができたら、早速、各項目に数字を入れていきましょう。

まず最初に数字を埋めるところは、最上部にある「賃貸料」です。

これは簡単・・・なようで、突き詰めると意外と簡単じゃないんです。

普通は賃料の入金があったときに、賃貸料を計上しますよね。

最近の賃貸借契約では、

「当月分の賃料を前月末日までに支払う」

という形が多いと思います。

ですから契約通りに行けば、1月分賃料が、12月末日までに入金されます。

では、この1月分の賃料は12月に入金されるので今年の確定申告に入れるのか、

それとも1月分だから来年の確定申告に入れるのか?

こう考えると、結構難しくなってきませんか?

実は税法では、次のように決められています。

1、契約又は慣習により支払日が定められているものについては、その支払日

2、支払日が定められていないものについては、その支払いを受けた日

3、請求があったときに支払うべきものとされているものについては、
その請求があった日


このように、不動産の賃貸料は、

原則、契約で定められている支払日に計上することになっているんです。

ですから、契約で

「当月分の賃料を前月末日までに支払う」

と決められている場合は、前月に計上することになりますので、

来年1月分の賃料は今年の12月に計上しなければいけないんですね。

でも、帳簿を作って継続的に記帳し、

1月分の賃料を前受収益として処理し、

明細書を確定申告書に添付していれば、

1月分の賃料を今年の12月ではなく、

来年の1月に計上することもできます。

管理会社に賃料の入金管理をお願いしている場合は、

賃料入金明細が送られてきますので、

それに基づいて収入を計上していけばよいでしょう。

結局、処理の方法次第で計上する月はどちらでもいいのですが、

毎年継続して同じ処理をしていくことが必要になる訳です。

どちらにしても、

来年は結局12ヵ月分の賃貸料を計上することになりますからね。


不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

無料です!不動産投資家のための確定申告攻略マニュアル'10

  • 2010年11月23日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資を始めると必ずしなければいけないこと。

それは「確定申告」です。

「確定申告」とはその名の通り、所得を「確定」させて、税務署に「申告」することです。

もし今までの収入が、勤務先からのお給料だけの場合は、確定申告をしたことはないと思います。

あったとしても、医療費をたくさん使った場合とか、

住宅ローンを借りて自宅を購入した時ぐらいでしょう。


では、なぜ今まで確定申告をしなくてもよかったのでしょう?

それは、あなたの勤務先が、あなたの年収が決まる年末に

「年末調整」という手続きをすることによって、

代わりに、所得を計算して、申告してくれているからなんです。


しかし、不動産投資を始めたら、そういう訳にはいきません!

勤務先が、代わりに不動産の所得を計算してくれるなんてことはありませんからね。

それでは、不動産の所得を誰が計算して確定させるのか?

それは、あなた自身です。

もちろん、税理士さんに依頼をして、

あなたの代わりに確定申告をしてもらうこともできるでしょう。

でも、税理士さんに確定申告を依頼すれば、

10万円から30万円ぐらいの報酬を支払わなければいけません。

これは、不動産投資を始めたばかりの方にとっては、大きな金額ですよね。

できれば自分で確定申告をしたい、

でも初めてのことなのでどうしていいか右も左も分からない。

「不動産投資家のための確定申告攻略マニュアル」は、そんな方のために作りました!

不動産の所得は、初めの確定申告で、その後の損益が決まってしまう部分があります。


また申告の仕方に気を付けなければ、

黙って不動産投資をしていることが、勤務先にバレてしまう可能性もあります。

マニュアルでは、不動産の確定申告で特に気を付けなければいけない部分を、

分かりやすく解説しながら、初めての確定申告で失敗しないためのマニュアルです。


是非、このマニュアルを活用して、

不動産投資の確定申告をきっちりやり遂げて下さいね!


いつ有料になるか分かりませんので、今すぐダウンロードしてください!!

ダウンロードはこちらから ⇒ 確定申告攻略マニュアル'10



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

決算書はどちらを使う?

  • 2010年11月17日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、確定申告に向けて必要な資料をご紹介しました。

資料の準備ができたところで、

次はいよいよ確定申告書の作成内容にいきましょう!

確定申告の第一手順は、「決算書」を作成することです。


しかし、不動産所得の「決算書」は2種類あります。

1つは「青色申告決算書(不動産所得用)」。

これは不動産の運営を始めてから2ヵ月以内に

「青色申告承認申請書」を提出した人が使う決算書です。

ですから、この申請書を提出し忘れた人や、

そもそも提出する気のない人は、

違う決算書を使わなければいけません。

その違う決算書が2つめの「収支内訳書」です。

これは、青色申告の申請をしていない、

白色申告をする人用の決算書です。

もし来年から青色申告をしたい場合は、

青色申告承認申請書」を青色申告したい年の

3月15日までに提出すれば、

その提出した年から青色申告をすることができますので、

今年の確定申告書を提出する

来年3月15日までに一緒に出しておきましょう。



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

著書が「家主と地主」に紹介されました!

  • 2010年11月17日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつものメディア掲載情報です。

全国賃貸住宅新聞社さんには、もう数え切れないくらい、

色んな情報を掲載していただいています。

今回は「家主と地主」に拙著が紹介されました。

s_1
「家主と地主」Vol.33 平成22年12月号別冊


そして、いつものコラムも載っています。

こちらは「賃貸住宅新聞」です。

s_2 (1)
全国賃貸住宅新聞 平成22年11月15日号

第10回と書いてありますが、これで11回目となります。

僕も今年中に物件買いたいけど、なかなかいいのが出てきません。



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

確定申告に向けてどんな資料がいる?

  • 2010年11月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ、確定申告が気になる時期になってきましたね。

確定申告をするためには、準備をしなければいけません。

会計事務所では確定申告の資料が揃うかどうかが、

仕事を早く終わらせるポイントなんです。

ですから、今月ぐらいから確定申告に向けて資料を揃え、

数字をまとめておくと、確定申告をスムーズに進めることができます。


何よりも早めに数字をまとめておくことで、

決算対策ができるようになります。

例えば、

「今年はかなり利益が出そうだから、

来年に予定していた修繕を今年中にしておこう。」

なんてことも、決算の予想ができれば可能な訳です。


では、確定申告に必要な資料には、どのようなものがあるのでしょう?

勤め先からお給料をもらっていて、

今年初めて不動産を購入した人で、

株や配当等の他の所得がないケースの場合は、

次のような資料が必要になります。

1、勤め先からもらう源泉徴収票

2、管理会社からの賃料入金明細
(管理を外注していない場合は賃料が振り込まれる通帳)

3、礼金や敷金、敷引の金額がわかる賃貸契約書

4、自販機等のその他の収入が分かる書類

5、固定資産税の通知書

6、火災保険、地震保険の証券

7、修繕費の見積書、請求書、領収書

8、売買契約書類

9、借入の返済予定表

10、水道光熱費や交通費、接待交際費などの経費の領収書

まずは、これらの資料を早く集めて整理しておくことが重要です。



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

不動産投資スタイル検証セミナーが全国賃貸住宅新聞に掲載!

  • 2010年11月12日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週、13日(土)に開催する、

「不動産投資でお金を残す税金塾」が全国賃貸住宅新聞に掲載されました!

全賃10.11.01


全国賃貸住宅新聞 平成22年11月1日号

セミナーの内容は、


Vol.24「お金の残り方はどう違う?
    区分、戸建、一棟ものを徹底比較!
    あなたの不動産投資スタイルを検証する!」

Vol.25「小さい物件なら自分で出来る!
    若手司法書士が教える
    不動産登記のやり方!」

です。



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

儲かっているかを判断する3つの表

  • 2010年11月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ確定申告が気になる時期ですね。

確定申告をご自身でしている方もいれば、

税理士さんにお願いしている人もいると思います。


そして来年の3月、完成した確定申告書を見て、

「これが自分の不動産投資の業績か。」

と”勘違い”する人がほとんどだと思います。


確定申告書にのってくる不動産所得は、

ある意味、あなたの不動産投資の業績でもあるのですが、

それはあくまで「会計」の側面から見た業績です。

でも「会計」の側面からは、実際に不動産投資で

いくらのお金が残っているかを知ることはできないんですね。

それを知るためには、キャッシュフロー表を作って

お金の流れを把握する必要があります。


昨日もお客さんと決算に向けて、業績検討会をしたのですが、

確定申告書の利益と、実際に残るお金の金額が、

全然違う数字になるなんてことは、普通にあります。

というより、借入をしている場合は、

同じ金額になることは、まずありません。


そして、もう一つ儲かっているかを知るために、大切な表があります。

それが「貸借対照表」です。

これは、帳簿上の金額ではなく、

時価を基にした貸借対照表をみることがポイントです。


これで10年後のあたなの貸借対照表を作ってみてください。

作り方は、

左側         右側
10年間の累計CF   10年後の残債
10年後に予想売却額  純資産

という形です。

これで、純資産がマイナスになるようであれば、

10年後にその物件を売却しても、

借入金が全額返済できないというこです。

また純資産が、最初に出した自己資金を上回っていない場合は、

あなたは10年間、ただ働きをしたということです。


このように、その不動産投資が儲かっているかどうかを判断するためには、

・損益計算書

・キャッシュフロー表

・貸借対照表

の3つの表で把握する必要があるんですね。


来週13日のセミナー
では、

新築1ルームから、RC一棟まで、

この3つの表を使いながら、徹底比較します。

ご興味のある方は、是非ご参加くださいね。



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

税理士新聞に取材記事が掲載されました!

  • 2010年11月01日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、取材していただいた内容が、税理士新聞に掲載されました!

税理士新聞20101025

税理士新聞 平成22年10月25日号 エヌピー通信社

「事務所訪問 税理士業界の匠」というコーナーですが、

僕の場合「匠」なんて高尚なものではなく、ただの「異端児」だと思います。

税理士としての知識は、他の税理士さんには敵いません。


不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

不動産投資は乗り物

  • 2010年11月01日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、11月13日(土)のセミナーでお話しする予定の


「お金の残り方はどう違う?
区分、戸建、一棟ものを徹底比較!
あなたの不動産投資スタイルを検証する!」


の資料が完成しました。


資料を作りながら、不動産投資の色んな投資法を、

自分なりに検証したのですが、

不動産投資とは、ある意味「乗り物」だと感じます。


これは、僕が不動産投資をするきっかけになった、

ロバート・キヨサキ氏の書籍にも書かれてあります。

そこには、投資とは、

「今いるところから将来いたいと思うところまで運んでくれるプラン」

だと書かれていて、例えて言えば、

「たとえばハワイからニューヨークに行くとする。
この旅の最初の部分は自転車や車では、
だめなことははっきりしている。
海を越えるのに、船か飛行機が必要だ」

「そして、海の向こうの陸地にたどりついたあとは
ニューヨークまで歩いて行くこともできるし、
自転車で行くことも、自動車や列車、
バスに乗っていくことも可能だし、飛行機で飛んでいってもいい」

と説明されています。


そこで、不動産投資の手法が、どの乗り物に例えると

わかりやすいのかを、資料を作りながら考えてみました。


新築区分所有 ⇒ ハーレーなどの高級バイク

区分所有 ⇒ 原付

築古木造戸建 ⇒ 三輪自動車

一棟鉄骨マンション ⇒ 電車

一棟RCマンション ⇒ 新幹線


どうでしょう?

セミナーでは、不動産投資のそれぞれの投資法が、

なぜその乗り物になるかも、数字を使ってお話しします。


要は、どの「乗り物」が、あなたの求めるスピードで、

あなたの求める目標まで運んでくれるか、

ということなんですね。


あなたが、まだどの乗り物にしようか迷っているなら、

是非、セミナーにご参加ください!


不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る