トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 設備の償却を取ると、お金は残るのか?

お金を残す不動産投資ブログ

設備の償却を取ると、お金は残るのか?

  • 2014年02月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築でも中古でも、物件を購入した後、
確定申告の時に、建物のうちいくらかを設備として認識するケースがあります。


設備と認識するとどうなるのかといいますと、
建物よりも耐用年数が短くなるので、
初期の減価償却費が大きくなります。


そうすると、経費が多くなって、利益が減り、税金が少なくなって、
初期のキャッシュフローは良くなり、自己資金の回収も早くなります。


だから、投資をガンガン進めたい人にとっては、設備を取ることはいいかもしれません。


ただし、キャッシュフローがよくなるのは、「初期」だけです。


設備の償却が終わった後は、建物分だけの償却となり、
設備を取らないケースと比べて、減価償却費は少なくなり、
利益が多くなって、より税金は多くなり、キャッシュフローは少なくなります。


また、売却の時も、簿価が急激に減っているため、
売却益は出やすくなり、税金がより多く発生することになります。


だから、人によって設備を取った方がよいかどうかは変わります。


僕が開発したシミュレーションソフトREITISS(リーティス)では、
設備を取った場合、取らなかった場合でシミュレーションができます。


REITISS(リーティス)は現在、無料で利用できるキャンペーンを実施中です!


お申込み頂いた日の翌営業日より、平成26年3月末まで、無料で使い放題です。


先着300名のキャンペーンですので、お早めにお申込み下さいね。


2月16日まで! ⇒ http://tax.kanae-office.com/reitiss.html


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家


お気軽にお問い合わせください
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る