トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

不動産投資をするとどれぐらいお金が残るのか?

  • 2015年05月28日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月26日の火曜日は、全日本不動産協会 兵庫県本部さんで、
セミナー講師をしてきました。


「税引後、出口戦略まで含めて、本当に儲かる収益物件の買い方をマスターする!」
というタイトルで、不動産投資をするとどのようなお金の流れで、
どれぐらいお金が残るのかについてお伝えしました。


例えば、家賃収入が100あったとします。


うち経費が30だとすると、残りは70になりますね。


 100―30=70


残った70から返済をしますが、元金利息合わせて40だとすると、残りは30になります。


 70―40=30


そこから税金が10引かれたとすると、手残りは20になります。


 30―10=20


このイメージで考えると、家賃収入が100万円なら、手残り20万円。


家賃収入1,000万円なら、手残り200万円になります。


そして、手残りを増やそうと思えば、次の3つが重要になります。


・経費を削減する


・自己資金を入れたり、金利を下げたり、期間を延ばしたりして、返済金額を下げる


・税金を減らす


不動産投資をした時の、基本的なお金の流れはこんな感じになることを覚えておいてくださいね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

消費税還付の2つの絶対条件とは?

  • 2015年05月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当事務所では、物件を購入、建築する時の消費税還付を
開業当初からやっています。


消費税還付が成功すると、建物分の消費税が戻ってくるので、
自己資金を早期に回収することが可能となります。


でも、成功させるためには2つの絶対条件があります。


まず1つ目は、消費税の課税事業者であること!


消費税には消費税に関係のない免税事業者と、
消費税の課税事業者があります。


免税事業者だと、消費税に関係ないので、
納める必要もないのですが、逆に還付されることもありません。


そしてもう一つは、課税売上があること!

消費税には課税売上と、消費税が掛からない非課税売上があります。


日本の商売のほとんどの売り上げが課税売上なのですが、
居住用の家賃は非課税になっています。


でも消費税還付を成功させるためには、
課税売上がなければダメなんです。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾
このページのトップへ戻る