トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 役員借入金が多い場合の一石三鳥の節税対策とは?

お金を残す不動産投資ブログ

役員借入金が多い場合の一石三鳥の節税対策とは?

  • 2016年06月07日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人を設立していて、その法人に貸付がいっぱいある方の節税の話です。


これは中小企業でもよくある話なのですが、社長が会社の運転資金の補てんのために、
会社に自分のお金を貸し付けることがあります。


会社からすると役員からの借入金です。


これを「役員借入金」と言います。


業績の悪い会社ですと、この金額がかなり大きくなっている場合も多いのです。


このような会社でも役員給与をいっぱいもらっている場合があります。


でもこの役員借入金を利用して節税をすることができます。


その方法は、


役員給与の額を減らして、その減った分を会社から貸付の返済として返してもらうのです。


そうすると業績の悪い会社は、役員給与という経費が減少するので業績が改善されます。

この会社が過去に赤字を出していて、繰り越されている欠損金があれば、会社の法人税は発生しません。


一方、社長個人は給与が減るので所得税が下がることになります。


でも会社から貸付の返済としてお金をもらっているので実質の手取りは変わりませんよね。


この方法ですと会社の体質も改善され、個人も節税できることになるのです。


しかも、社会保険料も節約できるので、一石三鳥ですね!


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る