トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 融資期間は長い方がよい?短い方がよい?

お金を残す不動産投資ブログ

融資期間は長い方がよい?短い方がよい?

  • 2016年08月12日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件を購入するときに、自己資金が足りなければ、融資を利用することになります。


そして、融資の条件によってキャッシュフローはかなり変わります。


その融資の条件には、金額、期間、金利の3つの要素があります。


この中で融資期間は長い方がよいのでしょうか?


短い方がよいのでしょうか?

実はこれ、その人が物件を購入する目的によって変わります。


毎年のキャッシュフローをできるだけ大きくしたのであれば、
毎年の返済が少なくなる、融資期間が長い方がいいです。


でも逆に、売却の時には残債が多く残ってしまうので、売却時の手残りは少なくなります。


できるだけ金利の負担を減らし、純資産を早期に厚くし、
売却まで考えた投資全体の利益を上げたいのであれば、融資期間は短期の方がよくなります。


この場合は、所有している時のキャッシュフローは少なくなりますが、
売却の時は、手残りが大きくなります。


僕が開発した物件診断ソフト「REITISS」(リーティス)では、
融資期間の長短によるキャッシュフローへの影響を見ることができますよ。


REITISS(リーティス)は現在、無料で利用できるキャンペーンを実施中です!


お申込み頂いた日の翌営業日より、平成28月9月末まで、無料で使い放題です。


先着300名のキャンペーンですので、お早めにお申込み下さいね。


8月21日まで! ⇒ http://tax.kanae-office.com/reitiss.html


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾
このページのトップへ戻る