トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 物件売却時はどんなコストが掛かるのか?

お金を残す不動産投資ブログ

物件売却時はどんなコストが掛かるのか?

  • 2017年09月13日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件を購入する時には、購入初期費用としてコストが掛かりますが、
物件を売却する時にも、コストが掛かります。


ただ、購入する時よりは項目は少なくなります。


まず掛かるのが、仲介手数料。


これは物件価格の約3%です。


売買契約書には、物件価格に応じた印紙も必用です。


領収書を発行する場合も、記載金額に応じた印紙が必要になります。


そして、融資を受けて購入している場合は、
その不動産に担保が設定されていますので、
それを外すための、司法書士手数料が必要です。


また、融資を固定金利で借りている場合は、
銀行に対して違約金が掛かる場合もあります。


あと、忘れてはいけないのが売却益が出た場合の税金です。


売却益が出た場合の税金は、物件を引き渡す時には必要ありませんが、
確定申告をした後に掛かるので、資金を置いておかないといけません。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る