トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 不動産所有会社M&Aでの手残りが2.7倍以上?

お金を残す不動産投資ブログ

不動産所有会社M&Aでの手残りが2.7倍以上?

  • 2017年11月13日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産所有会社をM&Aでの売却で、
売主側のもっとも大きなメリットは、税金が節税できることです。


同じ利益が出るとすると、最大で約2.7倍も手残りが多くなります。


例えば、不動産をそのまま売買して2億円の売却益が出て、
その後会社を清算したとします。


【売却益に対する法人税】


売却益2億円×法人税実行税率34%=6,800万円の税金


【会社清算後の株主配当に対する所得税】


残りの13,200万円×55%=7,260万円の税金


【手残り】


売却益2億円ー法人税6,800万円ー所得税7,260万円=5,900万円


これが不動産所有会社M&Aで2億円の株式売却益が発生したとします。


【株式譲渡所得に対する所得税】


株式売却益2億円×株の譲渡所得税率20%=4,000万円


【手残り】


株式売却益2億円ー所得税4,000万円=1億6千万円


手残りのその差、なんと2.7倍になるわけです!


これは大きいですよね!


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る