トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 不動産所有会社M&Aのネックは?

お金を残す不動産投資ブログ

不動産所有会社M&Aのネックは?

  • 2017年11月13日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産所有会社をM&Aで取得すると、売主も買主も
メリットが大きいのですが、最大のネックは何でしょう?


それは、対象会社が金融機関から融資を受けているケースで、
代表者の保証を変えてくれるかです。


ほとんどのケースで、不動産所有会社で融資を受けている場合は、
その会社の代表者が連帯保証をしています。


そして、融資が付いたまま不動産所有会社を売却する場合、
買収側の代表者に連帯保証を移す必要があります。


その際、買収側に信用力があれば、スムーズにいきますが、
信用力がなければ、代表者保証を変えてもらえない可能性があります。


だから、不動産所有会社M&Aのネックは代表者保証の引き継ぎなんですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
叶税理士法人 誕生記念キャンペーン!税理士 小田和典の無料相談1,000本ノック! もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士法人 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る