トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 個人と法人で違う減価償却

お金を残す不動産投資ブログ

個人と法人で違う減価償却

  • 2017年12月28日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減価償却費は、不動産の損益でキモとなる経費です。


なぜなら、減価償却費は、経費の中でもトップ3に入るほど
大きな金額になるからです。


事実、僕の物件でも今のもっとも割合の高い経費は、減価償却費です。


この減価償却費、個人と法人で少し取り扱いが違います。


まず、個人は「強制償却」といって、
算定された年間の減価償却費を、すべて経費にしなければいけません。


例えば、年間の減価償却費が300万円と算定されたら、
絶対に300万円を経費にしなければいけないということです。


しかし、法人の場合は「任意償却」といって、
算定された年間の減価償却費の範囲であれば、いくらでも経費にして構いません。


先ほどの例で、年間の減価償却費が300万円と算定されたら、
利益の額を見ながら100万円だけ経費にするということもできちゃいます。


このように、個人と法人で税法的に違う部分が多々あります。


これらの違いを把握して法人化すると、そのメリットを享受することができます。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る