トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 設備の減価償却を取ると売却時に後悔する理由は?

お金を残す不動産投資ブログ

設備の減価償却を取ると売却時に後悔する理由は?

  • 2018年01月10日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件を購入、建築したあとの申告で、
建物の金額の一部を設備と認識するケースがあります。


設備は建物よりも耐用年数が短いので、
初期に減価償却費を多く取ることができ、
その分、キャッシュフローがよくなります。


ただ、設備の減価償却を取ると売却時に後悔することがあります。


なぜなら、減価償却費は、建物の簿価を減らす行為なので、
売却時には、売却益がより多くなってしまい、
税負担が大きくなるからなんですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・?? 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
小田さん1000本ノック もう失敗しない 間違いだらけの不動産投資キャッシュフロー戦略 読者限定の特別プレゼント
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る