トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 「毎月5万円ください」と言われてるのと同じ?

お金を残す不動産投資ブログ

「毎月5万円ください」と言われてるのと同じ?

  • 2018年04月02日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュ・フローを最大化するために
僕が絶対に必要だと思っていることは“満室経営”ですよね。


僕は過去に売却したマンションは約7年所有していましたが、
空室率は3%でぐらいで推移しました。


稼働率97%ということですね。


そして空室になると、いつも「お金を捨ててしまっている!」思っていました。


例えば、家賃5万円の部屋が1年間空くと、


 5万円×12ヵ月=60万円


を捨てていることと一緒です。


空室でも、その他の経費である固定資産税、管理費、修繕費、
水道光熱費などは、減ることはないわけですから、
空いている部屋の家賃分が、完全に丸損ということです。


また、1億円で利回り10%ぐらいのマンションを
フルローンで運営すると、手残りは多くて200万円~300万円ぐらいですから、
先ほどの60万円という金額は、とても大きいのです。


たまに、空室があっても平気そうな方にお会いしますが、おそらくその方に、
「毎月5万円を私にください」と言っても、絶対にしないでしょう。


でも、空室と言うのは、お金をドブに捨てているのと同じことなんですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
小田さん1000本ノック 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る