トップページ > お金を残す不動産投資ブログ

お金を残す不動産投資ブログ

どれぐらい持っていると相続税が掛かるのか?

  • 2018年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成27年の1月1日から、相続税が改正されています。


改正されている部分はいくつかあるのですが、
その中でも影響の大きいのが、基礎控除の改正です。


基礎控除とは、相続税の計算の際に、全体の財産から引いてもらえる金額です。


この基礎控除、平成26年までは、


 5,000万円+1,000万円×法定相続人


という計算式で計算されていました。


法定相続人が1人だと、6千万円ですね。


そして、この基礎控除が平成27年より、


 3,000万円+600万円×法定相続人 


になっています。


先ほどと同じ、法定相続人1人だと、3,600万円に下がります。


全体の財産の相続税評価額が、3,600万円を超えると、
相続税が掛かってくることになります。


3,600万円というと、場所にもよりますが、
マイホームと貯金1,000万円ぐらい持っていると、
相続税が掛かってくることになります。


ということは、今まで相続税に関係ないと思っていた人でも、
掛かる可能性があるということです。


また相続税は発生しないけど、相続税の申告は必要というケースもあります。


もう他人ごとではない人が増えているということですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

軍用地は相続税対策に最適?

  • 2018年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税対策としてよく使われるのが、遊休土地に建物を建てる方法があります。


また、最近では都心のタワーマンションも相続税対策として有効といわれてますよね。


でも、これらのデメリットは、客付けをして運営しなければいけないという点です。


入居者さんがいなければ、お金が入ってこないですからね。


でも、昨年このデメリットをカバーするような、相続税対策ツールを発見しました!


それが、沖縄の軍用地を使った相続税対策です。


軍用地は、普通の人が所有している土地もあります。


そして、そのような土地は、売買もされています。


特徴的なのは、軍用地の貸し先は国になる点です。


国に土地を貸すので、客付けの心配もなければ、滞納リスクもないですし、
修繕の心配もないんですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

【残席7・7/7(土)・東京】失敗しない物件キャッシュフロー・シミュレーションセミナー

  • 2018年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資にとって、重要なことの一つが、
物件を購入する前のキャッシュフロー・シミュレーションです。


不動産投資のシミュレーションは、賃料や経費が限られているので、
わかりやすい面もあるのですが、一方で難しい部分もあります。


具体的に言うと、次のような点です。


・物件を購入するのは、個人がいいのか、法人がいいのか?


・建物の価格が変わると、どのようにキャッシュフローが変化するのか?


・減価償却の設備はとるべきか、とらないべきか?


・融資期間は短い方がいいのか、長い方がいいのか?


・デッド・クロスを避けるためにはどうしたらよいのか?


・所得税や法人税まで考慮すると、売却はいつした方がいいのか?


これらがすべてわかっている人は、かなり数字がわかっている経験者です。


でも、これから物件を購入したい人にとっても、とても重要なことなので、
これらを理解したうえで物件を選定できればベストです。


そして、これらすべてが網羅され、わかりやすくシミュレーションできるのが、
僕が開発した、シミュレーションソフトREITISS(リーティス)です。


7月7日(土)は、東京で、丸一日の
REITISSを使った、シミュレーションセミナーを開催します。


対象は、不動産コンサルタントさん、税理士さん、FPさん、
仲介業者の担当さんなどですが、もちろん一般の大家さんでも参加可能です。


儲かる物件、儲からない物件の見極め方を、
わかりやすく学びたい方は、ぜひご参加くださいね!


残席7名 ⇒ http://tax.kanae-office.com/seminar20180707.html


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

不動産投資は最初に苦労すると後が楽になる?

  • 2018年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資が流行り出した頃の書籍の中には、
「不動産投資は最初に苦労すると後が楽になる?」
という名言が書かれているものがあります。


これはその通りで、最初に利益を出そうと必死で考え、
それに向けて動いて取得した物件は、購入後にそれに近い形で利益を得られます。


一方、最初に業者任せで楽して購入した物件は、
持てば持つほど苦しくなっていきます。


かぼちゃの馬車事件などは、その典型ですね。


不動産投資で失敗せず、持ってから楽するためには、
最初にしっかりと勉強して、そのスキームの是非や、
キャッシュフローを見極めることが、とっても大切です。


少なくとも、僕がソフトとして開発したREITISS(リーティス)のような、
税引き後のキャッシュフローをシミュレーションできる知識は、
不動産投資をするなら、絶対に必要ですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

消費税還付ができなくなるインボイス方式とは?

  • 2018年06月15日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税は平成31年10月に、現在の8%から10%に引き上げられ、
それに伴ってインボイス方式が取り入れられる予定です。


このインボイス方式が取り入れられると、消費税還付はできなくなってしまいます。


ではインボイス方式とは、どのような方式なのでしょう?


まず「インボイス」とは、「請求書」のことです。


インボイス方式は、別名「適格請求書等保存方式」とも言います。


内容は、課税事業者が発行したインボイス(請求書)に記載された消費税だけを
控除することができる方式です。


したがって、中古物件などを免税事業者から購入した場合は、
免税事業者はインボイスを発行できないので、消費税を控除することができません。


これによって、消費税還付はできなくなってしまうんですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

なぜ法人の方が相続税対策できるか?

  • 2018年06月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人で物件を所有すると、相続税対策に有効といわれています。


その理由は、土地は時価の約8掛けといわれている相続税路線価で、
建物は時価の約7掛けといわれている固定資産税評価額で評価されるからです。


また賃貸物件であれば、借地権や借家権というものがあるので、さらに評価が下がります。


でも、物件を長く所有すればするほど、だんだん、その個人にキャッシュが貯まっていくので、
またその貯まったキャッシュに対して相続税対策をしていく必要が出てきます。


では、それを回避するためにはどうすればよいのか?


それは法人を活用して、相続税対策をすることです。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
新パッケージ商品キャンペーン! 不動産売買の新しい形|不動産所有会社M&A
小田さん1000本ノック 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト
このページのトップへ戻る