トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > なぜ法人の方が相続税対策できるか?

お金を残す不動産投資ブログ

なぜ法人の方が相続税対策できるか?

  • 2018年06月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人で物件を所有すると、相続税対策に有効といわれています。


その理由は、土地は時価の約8掛けといわれている相続税路線価で、
建物は時価の約7掛けといわれている固定資産税評価額で評価されるからです。


また賃貸物件であれば、借地権や借家権というものがあるので、さらに評価が下がります。


でも、物件を長く所有すればするほど、だんだん、その個人にキャッシュが貯まっていくので、
またその貯まったキャッシュに対して相続税対策をしていく必要が出てきます。


では、それを回避するためにはどうすればよいのか?


それは法人を活用して、相続税対策をすることです。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
節税フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る