トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 平成21年・22年に物件を購入した人必見の節税制度!

お金を残す不動産投資ブログ

平成21年・22年に物件を購入した人必見の節税制度!

  • 2018年07月06日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成21年または平成22年に土地を購入している方には、お得な節税対策があります。


これは「先行取得した土地の圧縮記帳の特例」という
なんだかよくわからない名前の税制です。


わかりやすくするために具体例を出しましょう。


例えば、平成21年に1,000万円の土地Aを買ったとします。


そしてもともと持っていた土地Bを平成29年に売却して
その売却益が600万円出てきたとします。


そうするとこの600万円の80%の480万円が、
土地Aの金額1,000万円から引くことができるのです。


そうするとどうなるのか?


土地Bの売却益は600万円から480万円を引いた120万円となり、
この120万円に税金が掛けられますので、600万円よりも当然税金は低くなります。


その代り、土地Aの買った金額は1,000万円から480万円を引いた
520万円になってしまうのです。


 土地A 1,000万円 -(600万円 × 80%)= 520万円


1,000万円の土地が520万円になること、これを「圧縮」というんですね。


その結果、将来この土地Aを売却した時は売却益が出やすくなります。


ちなみに平成22年に買った土地の場合は、
圧縮されるパーセンテージは60%になります。


このような税制をうまく活用できれば、
効率的にお金を残すことができるようになりますね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
投資家フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る