トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 消費税率が外食とテイクアウトで変わる?

お金を残す不動産投資ブログ

消費税率が外食とテイクアウトで変わる?

  • 2018年07月04日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月から、消費税率は10%に引き上げられる予定です。


でも一部は8%のままの消費税率で据え置かれます。


その据え置かれるものは、飲食料品と週2回以上発行で定期購読の新聞です。


中でも飲食料品は、テイクアウトは8%ですが、外食すると10%になります。


また、飲食料品といっても、酒類は10%に引き上げられます。


例えば、調味料の一つである「みりん」は酒類なので10%です。


一部、軽減税率の導入でかなり判定がややこしくなりそうですが、
建物などの不動産は、当然10%に引き上げられます。


先日、解説したインボイス制度導入までは、
消費税率が10%に引き上げられることで、消費税還付額も多くなりそうですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る