トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > シミュレーションで忘れがちな経費は?

お金を残す不動産投資ブログ

シミュレーションで忘れがちな経費は?

  • 2018年07月08日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件のキャッシュフローシミュレーションをする時に、
意外と忘れがちな経費が広告料です。


広告料とは、仲介会社に入居者を決めてもらった時にお支払いする手数料です。


金額は地域にもよりますが、概ね家賃の1ヵ月分から3カ月分です。


例えば、20戸あるワンルームマンションで空室率10%。


1室の家賃が5万円、必要な広告料が2ヶ月だとすると、
年間の広告料は次のように計算します。


まず、20戸で空室率10%ということは、
1年に平均2戸が入れ替わることになります。


 20戸×空室率10%=2戸


そして、家賃が5万円、広告料が2ヶ月なので、
年間に20万円が必要になります。


 2戸×家賃5万円×広告料2ヶ月分=20万円


こう見ると、バカにできない金額だということがわかりますね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
キャッシュフロー 割引 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る