トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 倒産防止共済の経理処理で銀行対策

お金を残す不動産投資ブログ

倒産防止共済の経理処理で銀行対策

  • 2018年07月30日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大家さんが法人で物件を運営しているケースで、
節税対策で、よく掛けているのが倒産防止共済です。


倒産防止共済は、中小企業が連鎖倒産をしないための
国の機関がやっているセーフティー共済です。


通常、倒産防止共済を掛けている場合、次のような仕訳をします。


保険料/現預金


この仕訳では、倒産防止共済の掛け金を、経費として処理してます。


一方、次のような仕訳をすることもできます。


保険積立金/現預金


この仕訳では、倒産防止共済の掛け金を、資産として計上しています。


そして、法人税の申告書で、掛け金分を損金処理します。


これによって、経費処理している場合と、同じ節税効果があります。


では、経費処理と資産処理、どちらがいいのでしょう?


銀行対策的には、資産処理の方が有利になります。


なぜなら、資産処理すると、純資産が多く見えるからです。


ちょっと難しいですが、覚えておいてくださいね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
節税フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る