トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 法人は決算期変更で節税対策ができる?

お金を残す不動産投資ブログ

法人は決算期変更で節税対策ができる?

  • 2018年08月17日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人と法人で大きく違う点は、決算期を自由に選べる点です。


個人だと事業年度は1月~12月と固定されているのに対して、
法人は、自由に決算期を決めることができます。


とはいえ、日本では3月決算法人が多いですけどね。


ここ数年は、物件を売却して大きな利益が出た人も多いと思います。


そんな時は、法人なら物件を売却する前の月に決算期を変更することで、
余裕をもって節税対策をすることができます。


例えば10月決算法人で、9月に物件を売却する場合、
8月末で決算期を変更すると、翌期は9月~翌年8月末になるので、
9月に発生した利益を1年間かけて、節税の対策をすることができます。


決算期変更をしなければ、9月、10月の2ヵ月で節税対策をしないといけないので、
時間があまりなく、節税対策を焦ることになります。


決算期変更は登記事項ではなく、定款を変更するだけでOKなので、費用も掛かりません。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
投資家フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る