トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 海外移住したい場合は納税管理人を使う?

お金を残す不動産投資ブログ

海外移住したい場合は納税管理人を使う?

  • 2018年08月29日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃は、海外の不動産を持つ人も多くなってます。


僕の周りでも「将来は海外に住みたい!」という方もいらっしゃいます。


では、日本に不動産を残したまま、海外移住する場合、
日本の税金はどうするのでしょう?


日本の税金には、所得税、住民税、相続税、贈与税、消費税などがあります。


海外にいる場合は、それらの書類のやりとりもできないので、
このようなときは「納税管理人」を選んで活用することになります。


納税管理人は、納税者の代わりに日本の税務署に確定申告を提出したり、
税務署からの連絡を受けたりします。


納税管理人は届出書を出すことによって、選任、解任、変更ができます。


海外移住を考えている方は、覚えておいてくださいね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
投資家フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る