トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 新設法人の融資姿勢は?

お金を残す不動産投資ブログ

新設法人の融資姿勢は?

  • 2018年09月18日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人化のご相談があるときに、よくあるのが、
「新設法人で融資は受けられるのでしょうか?」
という質問です。


通常の事業会社だと、銀行から融資を受けられるのは、
3期経った後ということが多いんです。


しかもちゃんと利益が出ていないと、貸してくれないこともあります。


新設法人で融資の話を聞いてくれるのは、国金ぐらいですね。


でも、一般の銀行でも、不動産を購入するための、
資産所有会社であれば、新設法人でも融資を受けることができます。


事実、うちのお客さんでも、多くの方が新設法人で融資を受けています。


では、銀行は何で融資の判断を下すのでしょう?


それは、代表となる個人の属性であったり、
購入する物件事態の評価だったりします。


融資の状況というものは、その時々によって変わるものなので、
なかなか最新情報をお伝えすることが難しい分野です。


ただ、新設法人で融資を受ける場合でも、
銀行の基本的な不動産融資に対する考え方や、
付き合い方について知っておくのは大切です。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
節税フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る