トップページ > お金を残す不動産投資ブログ > 銀行に対する言い訳の仕方

お金を残す不動産投資ブログ

銀行に対する言い訳の仕方

  • 2018年10月19日
  • 投稿者:taxkanae
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

減価償却費は不動産運営では、切っても切れない経費です。


法人だと任意償却といって、限度額までならいくらでも経費にしてよいので、
利益調整には使いやすいです。


ただ、限度額まで取ってないと、銀行から、
「なぜ、限度額まで計上しないのですか?」
と聞かれることがあります。


当然、本心としては“利益を出して決算書をよく見せたいから!”ですが、
それ以外の言い訳も準備しておきたいものです。


その一つとしては、
「減価償却費を限度額まで取ってしまうと、将来、売却するときに、
 売却益が大きくなるので、その点を考慮しています。」
という回答もあります。


銀行によっても、聞かれ方は様々なので、いくつか回答を持っておきたいですね。


《編者 叶 温》



不動産投資<br />
の収益物件

不動産投資の健美家

お気軽にお問い合わせください
投資家フルセット 新パッケージ商品キャンペーン!
不動産投資専門の叶税理士事務所 監修 不動産投資で絶対に失敗しないためのシミュレーションソフト 消費税還付は物件契約前が勝負!なぜなら・・・??
不動産投資の税金対策を分かりやすく学びたい方の為の通信教育 税金塾 大家さん学びの会(R)関西
このページのトップへ戻る